時事コメ


by i9kzsb3lyj
 顔などに著しい傷が残った際の労災補償で、男性よりも女性に高い障害等級を認めているのは違憲として京都府内の男性(35)が国に障害補償給付処分の取り消しを求めた訴訟で、厚生労働省が、国に同処分の取り消しを命じた京都地裁判決について、控訴しないことが10日、分かった。

 現在の労災の障害等級制度では、容姿に著しい傷跡が残った場合、女性は男性より等級が高く給付額の差も大きい。控訴断念に伴い厚労省は、男性の障害等級を取り消したうえで、障害等級制度そのものの見直しをすすめる。

 原告の男性は平成7年11月、勤務先の金属精錬会社で作業中、大やけどを負い、顔や胸などに跡が残った。園部労働基準監督署は16年4月、男性の障害等級を11級と判断。原告側によると、障害等級では、女性が同様のけがを負った場合、5級と認定され、男性は裁判で「法の下の平等を定めた憲法14条に違反する」と訴えた。

 5月27日の京都地裁判決は「著しい外見の障害についてだけ、男女の性別で大きな差が設けられているのは不合理」などとして男性の訴えを認めた。10日が控訴期限だった。

【関連記事】
顔やけどの労災補償「女性との差は不合理」 男性差別に初の違憲認定
過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし
工場労働者家族の悲劇 国の無策「許せない」 泉南アスベスト国賠訴訟
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定
過労で寝たきり ファミレスに1億8千万円賠償命令

国民新党幹事長に下地氏 自見氏は副代表(産経新聞)
九州全域での対策強化=口蹄疫で合同本部―国交省(時事通信)
南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎など3市、埋却作業終了(毎日新聞)
福井・竜脚類恐竜に学名 国内産の化石では4件目(産経新聞)
[PR]
# by i9kzsb3lyj | 2010-06-15 11:07
 那覇市でタクシー強盗をしたとして、強盗致傷などの罪に問われた米海兵隊牧港補給地区(沖縄県浦添市)に所属する1等兵の少年(19)の裁判員裁判で、那覇地裁(鈴木秀行裁判長)は27日、懲役3〜4年(求刑懲役4〜6年)の不定期刑を言い渡した。米兵が被告の裁判員裁判は全国で初めて。
 判決後の記者会見には裁判員を務めた6人全員が出席。被告が米兵だった点について、「米軍に対していい印象はないが、今回の裁判では一人の人間として彼を見た」(20代、パート女性)、「県民感情に流されて評議したわけではない」(40代、女性教諭)などの発言が相次ぎ、裁判員らが基地問題と事件を分けて考えたことを示した。
 通訳を介して審理が進められたことについて、会社員比嘉博仁さん(25)=同県西原町=は「被告が質問を理解できていないものがあった。日本語のニュアンスを英語にする過程で差があるようだ」と指摘した。
 判決によると、少年は昨年8月1日午後8時40分ごろ、那覇市前島でタクシーの男性運転手(59)の首にナイフを突き付けるなどして現金約2万7000円などを強奪。運転手は首などに軽傷を負った。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄
一審の裁判員判決を破棄=全国初、示談成立を考慮
裁判員「量刑、甘い」=強盗致傷の判例検索で違和感

F22が嘉手納到着、朝鮮半島緊張で前倒し(読売新聞)
批判されても、批判されても……貧困ビジネスに立ち向かう理由(Business Media 誠)
<ママ鉄>ママは鉄道に夢中 子どもと見学急増(毎日新聞)
児童ポルノ取り締まり強化を…日本ユニセフ協会(読売新聞)
内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
[PR]
# by i9kzsb3lyj | 2010-06-02 09:49
 奈良県宇陀市室生区の室生寺(網代智等(あじろちとう)管長)にある金堂(国宝)で、外陣から内陣の本尊・釈迦如来立像(同)などの仏像群を間近に見られる特別拝観が行われ、参拝者を魅了している。

 平城遷都1300年祭にちなむ企画で8月末まで。

 内陣には本尊のほか、国宝の十一面観音菩薩(ぼさつ)立像や、いずれも重文の薬師如来立像、地蔵菩薩立像、文殊菩薩立像、十二神将像などが安置されている。

 堂内では、仏像群の資料写真と見比べながら鑑賞する人もおり、参拝者は「回廊からの鑑賞とは違い、仏像の表情や衣のひだまではっきり見える」と喜んでいた。同寺では「近くで見てもらう機会はめったにないので、ゆっくりと各仏像を眺め、心を和らげてもらえば」としている。

許可証偽造し産廃運搬 三重の会社社長逮捕(産経新聞)
「かわいそう」「またか」=こち亀「麗子」像傾き―東京・亀有(時事通信)
<口蹄疫>食肉処理場の操業再開認める…移動制限区域(毎日新聞)
アムールトラ 障害抱える「ココア」満2歳の誕生会 釧路(毎日新聞)
<訃報>黒田善弘さん85歳=元住友製薬社長(毎日新聞)
[PR]
# by i9kzsb3lyj | 2010-05-27 13:39
 朝日新聞阪神支局襲撃事件など一連の同社襲撃事件で、週刊新潮(新潮社)が「実行犯」として手記を連載した島村征憲(まさのり)氏(66)が、北海道富良野市で遺体で見つかっていたことが北海道警への取材で分かった。

 道警によると、島村氏は4月13日、富良野市郊外の資材置き場で遺体が見つかった。死後、数カ月が経過し、白骨化していた。状況などから自殺とみている。

 同誌は昨年、「私は朝日新聞『阪神支局』を襲撃した」とのタイトルで4回にわたって、記者2人が殺傷された昭和62年の同支局襲撃事件などについて、島村氏が実行犯だとする手記スタイルの記事を連載した。

 だが、産経新聞の取材に島村氏は「自分は実行犯ではなく、記事には実際と違うことが多数書かれている」と証言。週刊新潮はその後、「『週刊新潮』はこうして『ニセ実行犯』に騙(だま)された」との検証記事を掲載し、新潮社は事実上誤報と認めた。

値引き要求防止で通知=コメ戸別補償めぐり―農水省(時事通信)
H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
<カンヌ映画祭>開幕 北野作品など19作出品(毎日新聞)
政権交代に祝意伝える=キャメロン氏と電話会談−鳩山首相(時事通信)
首相との面会「あり得る」=徳之島町長(時事通信)
[PR]
# by i9kzsb3lyj | 2010-05-18 17:44
 ■失敗したって「まっ、いいか」

 最近、「おむつなし育児」が注目を集めている。「おむつなし」といっても、おむつを全く使わないということではない。赤ちゃんが排泄(はいせつ)する気配を親が感じることで、親子のコミュニケーションを深めようというものだ。だが、おむつを汚さなかった成功回数を気にする「マニュアル世代」の母も…。「おむつなし」の推進者は口をそろえて言う。「お母さん、リラックス」。(津川綾子)

 ◆「気持ちいいね」

 先月18日、東京・代々木公園などで行われた環境イベント「アースデイ東京2010」。関連イベント会場の一角にある円錐(えんすい)型のテントの中で、赤ちゃんを抱いた母親10人が車座になった。

 NPO法人自然育児友の会(東京都国分寺市)が開いた「おむつなしお茶会」。しばらくして、東京都江東区の山ノ下佳美さん(27)が、娘の結貴ちゃん(8カ月)を座らせたホーロー製のおまるごとひざに乗せると、顔を赤らめた結貴ちゃんがうんちをした。「気持ちいいね、がんばったね」。他の母親からほめ言葉が飛ぶ。

 なぜ排泄のタイミングが分かったのか。「娘がイライラしたような声を出したから」と山ノ下さん。そのうえで、「ぐずる理由が分かることで以前より育児に自信が持てるようになった」と穏やかに言った。

 ◆「より密になった」

 「おむつなし育児」が注目され始めたのは昨年6月から。実践者の声をつづった『おむつなし育児』(クリスティン・グロスロー著、柏書房)の出版がきっかけだった。

 早期のトイレトレーニングを促すマニュアル法とは全く違う。同書の翻訳者、和田知代さんは「一日に1回か2回でも、おむつの中ではなく、自然に排泄させてあげるのが赤ちゃんにも気持ち良いのでは、という育児の提案」と説明する。

 おむつなし育児には「これ」という方法や決まりはない。排泄のタイミングやおまるかトイレかも、子供や家庭ごとに違う。

 例えば、生後5週間から凛ちゃん(1)とおむつなし育児に取り組む打越月見さん(33)の場合、夏はおむつを着けず、娘を観察したという。歩いているときは排泄しないし、もよおしたときには特有の表情をすることが分かった。たとえ漏らして失敗しても、「まっ、いいか」とフローリングの床をふく。

 「赤ちゃんが泣く理由には『おっぱいが欲しい』『眠い』と、あと1つ『おしっこやうんちしたい』がある。排泄も分かってあげたら、何で泣くのかなんてストレスは感じなくなる。子供とより密になった感じ」と打越さん。

 平成20年にこの育児の実践研究をした、津田塾大学の三砂ちづる教授は「今の母親はマニュアル本通りにいかないと自信をなくす。むしろマニュアルを見ず、赤ちゃんを見つめて気持ちが通じれば、子育てに自信が持てる」と話す。

 子育てに不安を覚える母親が増える中、「おむつなし」は育児に自信を持つきっかけともなりそうだ。

                   ◇

 ■仲間が続々、通信講座も

 三砂ちづる教授らの研究では、(1)排泄のサインは目が合ったり甘えた声で泣く、乳首をくわえたり離したりする(2)朝や昼の寝起きの後や、おっぱいを飲んでいるときなどにうんちが出る−という報告が目立った。

 一方、おむつなし育児については母親間での情報交換の場が広がっている。「mixi(ミクシィ)」の「おむつなし育児」コミュニティの登録者は2千人以上に上る。「自然育児友の会」は月に1、2回情報交換のお茶会を開くほか、通信講座も開催。今日、明日の8、9の両日には子連れ合宿「ここからミーティング」も行う予定だ。

住宅ローン名目4680万円詐取容疑、組員ら4人逮捕(産経新聞)
<仙台教諭殺害>現場近くに血の付いた金属バット 関連捜査(毎日新聞)
俳優の佐藤慶さん死去(時事通信)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
[PR]
# by i9kzsb3lyj | 2010-05-11 00:53